You are here
Home > 京都 > 勧修寺

勧修寺

名称 勧修寺
住所 607-8226 京都府京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6
拝観時間 9:00~16:00
拝観料金     一般 団体割引
大人  400円 320円
大学生 400円 320円
高校生 400円 320円
中学生 200円 160円
小人  200円 160円
URL

亀甲山(きっこうざん)と号する真言宗山階派の大本山である。
寺伝によれば、昌泰3年(900)醍醐天皇が、生母藤原胤子(いんし)の御願により創建したと伝え、寺号は、天皇の祖父に当る藤原高藤(たかふじ)の諡(い)号をとって勧修寺と名付けられた。
本堂は、江戸時代に霊元天皇より仮内侍所を、書院と宸殿は、明正天皇より旧殿を賜って造られたといわれ、本堂内に千手観音像を祀る。
庭園は、氷室池を中心とした池泉回遊式庭園で、夏には、池の水蓮が美しい花を咲かせる。

◆由緒
勧修寺は昌泰3年(900)に醍醐天皇が創建され、千有余年の歴史があります。

庭園は「勧修寺氷池園」と呼ばれ、「氷室の池」を中心に造園されていて、且つ周囲の山を借景し、即ち庭の中に前方の山を取り込んで庭の風景が造られ、広大な自然美を楽しむ「池泉庭園」です。古く平安時代には、毎年1月2日にこの池に張る氷を宮中に献上し、その厚さによってその歳の五穀豊凶を占ったと言われ、京都でも指折りの古池である。

書院の前庭にある灯篭は水戸光圀公の寄進で「勧修寺型灯篭」と言い、水戸黄門さまらしいユーモラスなスタイルを以て有名なものです。又この灯篭を覆うように生えている植樹「ハイビヤクシン」は、「ひの木科」の常緑灌木で樹齢は750年と言われ、我が国無双の名木として名高いものです。

京都府京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6

Similar Posts