You are here
Home > 京都 > 新那智山 観音寺 (今熊野観音寺)

新那智山 観音寺 (今熊野観音寺)

名称 新那智山今熊野観音寺
住所 605-0977 京都府京都市東山区泉涌寺山内町32
拝観時間 8:00~17:00
拝観料金
URL

http://www.kannon.jp/

泉涌(せんにゅう)寺の塔頭(たっちゅう)で、正しくは新那智山今熊野観音寺という。
西国33箇所観音霊場第15番目の札所になっている。
空海が自ら観音像を刻んで草堂に安置したのが当寺のはじめというが、斉衡(さいこう)年間(854~857)左大臣藤原緒嗣(おつぐ)が伽藍を造営したとも伝える。
文暦元年(1234)後堀河上皇を当寺に葬るなど、歴朝の崇敬を得て栄えた。
伽藍は応仁の兵火で焼失したが、その後、復興されて現在に至っている。本堂には空海作と伝える十一面観音像を安置する。
寺域は幽静で、郭公(かっこう)鳥の名所として名高く、本堂背後の墓地には慈円僧正・藤原忠通・同長家の墓と称せられる見事な石造宝塔3基がある。

◆由緒
平安時代弘法大師が熊野権現より観音尊像を授(さづか)り嵯峨天皇の勅願により開運厄除の寺として開創された名刹です。

後白河法皇は本尊十一面観音を深く信仰され霊験によって持病の頭痛が平癒したので特に「新那智山・今熊野」称をこの寺におくられました。

それより頭の観音さんとして知られ病気封じ知恵授(さずか)り諸願成就の寺として広く信仰されています。

京都府京都市東山区泉涌寺山内町32

Similar Posts