You are here
Home > 京都 > 興臨院

興臨院

名称 興臨院
住所 603-8231 京都府京都市北区紫野大徳寺町80-2
拝観時間 10:00~16:00
(常時非公開)
拝観料金 特別公開時
大人  600円
大学生 600円
高校生 400円
中学生 300円
小人  300円
6歳以下無料
障害者割引一律300円
URL

当院は大徳寺の塔頭で、大永年間(1521~1528)能登の畠山義総が仏智大通禅師を開祖として建立したといわれ、みずからの法名を寺号とした。
当院の方丈・唐文・表門そして所蔵の椿尾長鳥模様堆朱盆は重要文化財である。
方丈は創建後に火災にあったが、天文2年(1533)に再建されたらしく、さらに畠山氏衰微ののち、天正年間(1573~1592)前田利家によって修復なども行なわれた。
方丈玄関の唐門は室町時代の禅宗様式を見事にあらわしており、表門も創建当初のもので「興臨院の古文」として有名である。  一方、バイタラ樹の名木がある枯山水の庭や茶席「涵虚亭(かんきょてい)」のおもむきが深い。
なお、墓地には畠山家歴代の墓や久我大納言夫妻の墓など、当院ゆかりの人々の墓も多くある。


京都府京都市北区紫野大徳寺町80-2

Similar Posts