當麻寺 奥院

當麻寺は、用明天皇第三皇子麻呂子親王が御兄聖徳太子の教により創建された寺で、中将姫の當麻曼陀羅・天平時代の東西両塔・日本最古の白鳳時代の梵鐘や石燈籠などで知られています。 その當麻寺塔頭奥院は、津土宗総本山知恩院の「奥院」として建立された寺で、最初は往生院と呼ばれていました。知恩院第十二代誓阿普観上人が知恩院の卸本尊として安置されていた法然上人像(重文)を後光厳天皇の勅許を得て応安3年(1370)当地に還座して建立した寺で爾来、津土宗の大和本山として多くの人々の信仰を集め今日まで護持継承されて来た名刹です。 本堂、大方丈、楼門(以上重要文化財)阿弥陀堂、庫裡等今に残る伽藍に往古の宗教活動の偉大さがうかがわれます。 ◆浄土庭園 楼門(重要文化財)から西へ進みますと、石彫“くりから龍”を中心に現世を表現した渓流を右手に眺め、スロープをゆっくり上がっていくと浄土の世界が目前に広がります。 阿弥陀如来像を中心にに数多くの石仏が並び、阿弥陀仏の姿を写す極楽の池のこと“宝池”があり、二上山を背景に當麻の自然を存分に取り入れた年中楽しんでいただける浄土庭園です。 ◆ぼたん園の由来 奥院五十七代観誉察聞上人が当院大方丈彿間(慶長17年建立)の絵天丼にぼたんの絵が画かれてあるのに由来して庭園に数多くのぼたんを植樹し、佛前に御供したのが今日のぼたん園の始まりです。爾来當麻寺山内にも植えられる様になり、今日の盛況を見るに及んだ。

當麻寺 中之坊

當麻寺は、奈良県葛城市にある7世紀創建の寺院。法号は「禅林寺」。山号は「二上山」。創建時の本尊は弥勒仏であるが、現在信仰の中心となっているのは当麻曼荼羅である。宗派は高野山真言宗と浄土宗の並立となっている。開基は聖徳太子の異母弟・麻呂古王とされるが、草創については不明な点が多い。

石光寺(染寺)

石光寺(せっこうじ)は、奈良県葛城市にある浄土宗の寺院である。山号は慈雲山。本尊は阿弥陀如来。出土遺物等から飛鳥時代後期(白鳳期)の創建とみられる古寺で、中将姫伝説ゆかりの寺院である。境内には中将姫が蓮糸曼荼羅を織成する際に蓮糸を染めたという井戸「染めの井」と、糸を干したという「糸掛桜」があり、「染寺」と通称されている。観光的にはボタンの寺として知られ、境内にはボタン、シャクヤク、アジサイ、サクラ、サルスベリなどが植えられている。関西花の寺二十五霊場20番札所である。 役小角の開山と伝えられる。『元亨釈書』等に記載される縁起によれば、天智天皇(在位668〜671年)の時代、霊光を放つ大石が見つかり、天皇の勅命を受けてこの石に弥勒如来を彫らせ、堂宇を建立したのが始まりとされる。1991年(平成3年)には弥勒堂改築に伴う発掘調査の結果、飛鳥時代後期(白鳳期)の石造如来坐像、瓦、塼仏が出土した。この時の発掘調査で、平面五間x四間の堂跡が検出され、前述の石仏はこの堂に安置されていたものとみられる。また、境内に飛鳥時代後期といわれる塔の心礎がある。

當麻寺

推古天皇二十年(612)に、用明天皇の皇子麻呂子親王が御兄聖徳太子の教によって、河内国交野郡山田郷に萬法蔵院禅林寺を草創されたのを、七十年程後に親王の孫にあたる当麻国見が、役行者練行の地である現寺地に遷造し、 5049